一人暮らしのお供にヤマサの昆布つゆ

私の一人暮らし歴はゆうに10年を越していますが、8年間くらいはこいつのお世話になっている気がする。

ヤマサの昆布つゆですね。所謂めんつゆってやつです。
まず朝はたいてい冷凍うどんをレンジでチンして食べています。これが一番ラクだしうどんは飽きにくいからね。

んでそこで使うのがこの昆布つゆ。夏はぶっかけ、冬はかけうどんにしていますがどちらにも役立ちます。


ぶっかけの時は原液をちょろっとかけて卵を入れてあとは混ぜるだけ。最後にごまと海苔を散らすとなおよしです。
冬は水に原液を溶かして、卵と乾燥わかめ、ウインナーを入れていますね。

何故かかけうどんの方が具が多い件。ぶっかけだと気にならないですけどかけうどんにすると具が少ないのが何故か気になっちゃうんですよ。

ウインナーはシャウエッセンというこだわりがあります。西友だとビッグサイズの袋のやつが売っていて安くてオススメ。大型店にしか置いてないケースが多いけどね。


冬はあとは鍋に使いますね。貧乏一人暮らしで鍋の素なんて必要ありませんから。

めんつゆで味付けして後は具材のだしが出ればめっちゃ旨い鍋の出来上がりですよ。
個人的には鶏ももとほうれん草、卵、豆腐の鍋をよく食べていたなぁ。鶏ももは絶対皮をとらないように。


皮からめっちゃ良いダシが出るんでね。最後にうどん入れて食べればお腹にも溜まるし、安いコストで満足度高いですよ~。

あとは肉じゃがとか各種料理の隠し味にも使っています。まさに万能ですな。
めんつゆといってもスーパーに行くといろいろ種類置いてあるけど、いくつか試した結果ヤマサの昆布つゆにいきつきましたね。


変な癖がなくて飽きにくいのが良い。ちょっと甘目な味付けも私的に好みです。

これから一人暮らしを始めるって人で自炊をする気がある人はヤマサの昆布つゆ、試してみてくださいね。